ラフティングを楽しんでる方に少しでも魅力を伝えたい気持ちで、この記事では世界大会2017をピックアップしていきたいと思います。

このページをご覧いただきありがとうございます。

このサイトは、静岡県富士川スマートインターチェンジ最寄りのラフティング、サップ、BBQ提供会社フレンズが活動報告やお客様との思い出をご紹介しています。

フレンズでは、YOUTUBE動画でも富士川のラフティング、サップをPV形式でご紹介しています。

今回の記事では、世界大会なんて大きな物が日本で開催されている!

ラフティングを全く知らない方もスポーツ観戦のつもりで楽しみながら御覧ください。

ラフティング世界大会とは?

ラフティング2017

ラフティングって大会なんてあったんだ!

 

全く知らない方は、驚かれることも多いです。

しかし、ラフティング世界大会は由緒ある歴史を持っています。

ラフティング世界大会はどこが主催?

ラフティング世界大会は、ラフティング連盟(IRF)が主催。

ラフティングはにほんだけでなく、世界で愉しまれているアウトドアスポーツ。

日本のレースラフティング協会、世界選手権実行委員会という組織もあるような大きな大会です。

ラフティング世界大会は若い子供も登場!

世界大会なんていうとついつい大人の競技にも感じる方が多いアウトドアスポーツ。

しかし、ラフティング世界大会の最低年齢は、15歳以上。

国内なら、高校生から参加出来るようなスポーツになります。

年代が上の世代では、40歳以上という競技もあります。

いつどこで行われるのかをご紹介していきます。

ラフティング世界大会国内開催スケジュール2017

ラフティング世界大会の日本開催は、以下のようなスケジュールで開催予定。

10月2日(月)までの受付

10月3日から10月9日の約1週間で開催されます。

場所は、四国吉野川で開催。

日本の中でのラフティング4大激流スポットとして、富士川も入っていますが、吉野川は有名です。

560名が参加予定の世界大会。

ラフティングなんて川遊びとしてしか考えてなかった!

もちろん、最初は誰もが同じステージから始まります。

でも、ラフティングは夢がある!

こんな言葉をフレンズで働くガイド達も含めて、感じているからこそ、サービスとして広げていきたいと考えているのです。

まずは、ラフティングや富士川を知って頂く。

そして、まずは楽しむ。

次は、挑戦。

その先に、さらなるステージへ。

こんな未来を一緒に楽しみませんか?

ぜひ富士川のラフティングなら、フレンズで一緒に楽しみましょう。

もちろん、2017年10月もフレンズは富士川でラフティングサービスを提供していく予定です。

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

それでは。